一人暮らしの住まいについて

Navigation

洗濯はまめに

一人暮らしの住まいについて 自分一人で暮らしていると、洗濯物も自分のものしかでませんので、これについてもどうしていくか考えていくことは必要です。
一日ごとに洗濯をするとなると、少量の衣類のために毎日大量の水、電気を使用することになるのでこれは効率が悪いです。
かかる費用もこつこつと積み重なってしまうので、改善の余地があるといえるでしょう。
一人暮らしの場合には、洗濯は二日、三日分をまとめて行うのがベストだといえます。
こうすることによって電気代や水道代を毎日に比べて半分、三分の一に抑えていくことができます。
しかし、これはもったいないからといってあまり日数分を貯めすぎてしまうことの無いよう気を付けることが必要です。
洗濯物は数日放置をしておくと雑菌が増えてしまうからです。
そうなると、洗濯をしても匂いが残ってしまったり、汚れが染み付いてしまって落ちないというようなことになってきます。
余計な手間が増えてしまうというようなことにもなるので、この点については良く心得ておくようにしましょう。
洗濯を賢く行うためには、汚れの具合や量などを考えて、その都度必要に応じて無駄の無いようにできるよう、努めることが必要です。
除菌効果のある洗剤を使うようにしたり、少量で洗濯をしてしまわないよう、寝具やタオルなどを一緒に洗うなど工夫をするようにしてください。
そうすることによって、こまめに衛生面の心配をすることなく、住まいで快適な生活を送っていくことができるでしょう。